読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヌナだけど、大丈夫?〜年の差日韓恋愛模様〜

韓国の男性とのことをつづります。

26.韓国では

Sくんと一緒にいると、若さと対照的に老体に鞭を打っている感が否めなくなってきました、milkyです。


先日山登りをしてきました。韓国の人って山登り好きよね。ちなみにわたしはそんなにry


でもいままでは好きじゃなかったけれど、一緒に登る楽しさや、重い荷物を代わりに持ってくれたり、疲れたわたしを励ましてくれるSくんのたのもしさや、逃げ出さない姿勢、諦めず目標に突き進む姿を見て、さらに好きになりました。


韓国では山登りを恋人として、相手の器量をみたりするそうです。

諦めて途中で逃げ出したりしたら……なんてこともあるそう。Sくんが教えてくれました。


疲れたけど、途中で諦めそうになったけど、あきらめなくてよかった……


引っ張ってもらって頂上につけてよかったなぁと思いました。


帰りはSくんはとても眠そうで可愛かったです。笑

そしてご飯を食べて帰りましたが、二人ともお腹が減って沢山食べました。

おいしかった!!ダイエットは明日から!


明日の筋肉痛が心配です笑

25.変わらない幸せ

最近なんだかとても眠くて食欲がとどまりません、milkyです。


先日Sくんと久しぶりの遠出デートをしました。


沢山歩いて、沢山話をして、沢山写真をとりました。


不安になることは多々あるけど、お金を使わなくても小さな幸せを沢山積んで、不意に後ろを振り返った時に積もりに積もったもっと大きな幸せとなっていますように。



Sくんは主にLINEよりもカカオトークを使っているようで、そうなんだ〜〜と思っていたのですが、(わたしはLINEばかりつかっていて、カカオトークは友達が公式アカウントばっかり)

昨日の夜カカオトークの通知が付いていて、なんだろう??と思ったら…


プロフィール画像がツーショット写真になり、背景はわたしの写真になっていました。



正直、



とてもうれしかったです。笑




不安になりやすい性格からか、韓国に帰ったらもう帰ってこないんじゃないか、わたしのことは忘れるんじゃないか、もしかしたら……なんてことをよく考えてしまうので、こういう風に言葉に、行動に、愛を感じさせてくれるSくんに頭が上がりません。



今まで、こんな恋愛したことなかったので、本当に幸せなきもちです。

24.激しい怒りと静かな悲しみ

少し前にSくんと一緒にとある場所に並んでいたときです。

Sくんの顔を見るなり反対側の列にいたカップルがなにかコソコソ。
私は地獄耳なので、聞き取れました。
彼氏はあの人韓国人だよね?元彼に似てない?というようなことを言ったようで、彼女はそれに対して、それは失礼!笑 ありえないから、元彼に謝ってほしい笑 という回答。

本当に本当に深く傷つきました。
謝ってほしいのはこっちだよ!!!!
でも本当に日本人として、人種差別をするのは恥ずかしいし、心の底からSくんに謝りたい気持ちです。

Sくんが周りの人の言葉をそこまで聞くような性格じゃなくてよかったと本当に本当に安心すると同時に、そういうことを言えてしまう人間性に怒りを感じたのと、そういう風にしか人を見れないこと、言えないことが可哀想だととても悲しかったです。

Sくんは一生懸命日本語を勉強しているし、日本で生活することを夢見ています。

でもこういうことがあると、日本での生活は厳しいのではないか、韓国で就職して私が嫁ぐべきなのではないか、と考えてしまいます。

結婚するなら……ですけど……(笑)

とても深刻で悩ましい問題です。

23.Sくんの涙

さむすぎて傘を持つ手が麻痺します、milkyです。

今日はS君に会う用事があったので、会いました。傘を二人とも持っていたのに、わたしの傘にはいってきやがりました(まんざらでもない)


用事を済ませたあと、恒例の

優柔不断タイム(ふたりともお互いを考えすぎて、決まらない)を乗り越え、居酒屋に入ることに。

(花金だから、人もめちゃくちゃ多い)


お酒を入れて話したことってあまりなくて、色々な深い話ができました。

家族の話とか、過去の話とか。


それから、今後の話も少し。


m: 韓国に帰ったあと、やっぱり可愛い女の子がたくさんいるし…どうしよう……ㅠ ㅠ


S: かわいくないよ!いないよ!…たぶん


m: (年下なのにわたしをからかっているな)

そしたら私も毎日私に結婚したいと言ってくる人と結婚するㅠ ㅠ


S: えっ……えっ?!?

どういうこと?ん??(この時の困った顔がかわいすぎた)


m:  意味わかる?


S: うん……


ヌナは……どうしてわたしと付き合ってくれましたか?



m: 貴方の優しいところが好きだから。貴方がかっこいいから。貴方がとってもすきだから。

とにかく、すきだから!



Sくんはうるうると涙を浮かべて


泣き出しました。



安心したから、泣いたそうです。

やっぱり守らなきゃ、と思ってしまったチョロいわたしでした。


わたしもあなたをしあわせにしてあげたいです。

22.君の瞳に溺れそう

ドリンクバーだけで楽しめるバカップルの一人、milkyです。

 

今日もガ○トさんにお世話になりました。Sくんはガ○トの店長になってドリンクバー一日中使いたいそうです。小さな夢ですね。(それに職権乱用だよ)

 

いろいろな手続きや、計画、残りのお金のことなど、いろんな話をしてきました。

 

本当に今まで知らなかったこととかが露呈して、気持ちが変わらなかったかと言われると嘘になりますが、もちろん好きとか嫌いとかではなくて、安心感とかそういう意味で…。

 

お金があることが幸せではない、でもこの世の中お金がないとなにもできないような世の中になってきていることは確かです。

結婚とか子育てとかなにかとお金がかかりますからね…

 

Sくんとは、お金をなるべく使わない楽しい節約デートがしたいなぁと思います。わたしもたくさん働いて貯金しよう…

 

節約とは関係ありませんが、

この間Sくんがわたしの韓国語の勉強テキストにCDが付いていなかったので、わざわざ全てのフレーズを録音してくれました…ㅠ ㅠ

f:id:rnilky:20160129101819j:plain

これです。

 

自己紹介や相づち、恋人同士のフレーズ以外に、

 

韓流フレーズという章があり、

 

f:id:rnilky:20160129102032j:plain

 

うーんいつ使うの?

 

 

という言葉がたくさん並んでいるのですが、

律儀に全て録音してくれました、

 

 

が、、

 

半笑いで君の瞳に溺れそう(という韓国語)という音声を聞いた時はなんだかわたしまで変な笑いがこみ上げてきました笑

 

キザな言葉を韓国語でいうのを本気で嫌がるSくんらしいです。

(わたしとしては韓国語で愛をささやいてほしいものです)

 

わざわざわたしのために150ページにわたるフレーズを録音してくれたSくんに愛しさを感じざるを得ないわたしでした。

 

 

 

おまけ。

 

f:id:rnilky:20160129102922j:plain

 

本の誤植を直してくれたり、不自然な部分も改定して書き込みしてくれました。

とてもわかりやすい…

にほんブログ村 恋愛ブログ 国際恋愛(韓国人)へ
にほんブログ村

21.早起き彼女と遅起き彼氏

何時に寝ても、朝6時までには目が覚めます、milkyです。


反対にSくんは三度寝の天才、ねぼすけくんです。

たまに、わたしに変なLINEを入れて二度寝します。不思議です。


わたしは1度起きたら二度寝をなかなか出来ません。

寝ることには体力が必要といいますよね…(老体かな…)


夜を寝る時ももちろんわたしが先なのですが、寝落ちすることがほとんどで、わたしが寝た後には、


자요~??

寝ましたー?!


なんていうLINEが届いていたり、

Sくんの深夜テンションで綴られた恥ずかしい文章(満更でもない)が長文で送られてきていたりして、朝起きて携帯を確認すると幸せになれます。笑


寝落ちは今後もやめられなさそうです。

20.LINE晒し

Sくんがタケコプターを「タケポプター」といって正しく言えなかったことに身悶えました、milkyです。


最近、また変な日本語を覚えてしまって(私が教えた)困っています。


닭살커플を日本語的に言うと、バカップルなんだよ〜!だから、私たちがこうやってしてると、バカップルって言われちゃうから…


へぇ〜〜そうなんだ……

はーい、私たちはバカップルですよ〜〜みてください〜〜


?!


Sくんはたまに大胆です。(大胆という言葉もなぜか知っていました、なぜ知ってる)


本当に日に日に日本語が上達していて、毎日努力している姿が見えます。


毎日LINEでやり取りをしているのですが、そのやり取りでも最近は本当に日本語が上手で……


f:id:rnilky:20160127144810j:plain

驚きの白々しい初日のライン



f:id:rnilky:20160127144900j:plain


f:id:rnilky:20160127144920j:plain

あぁなんだか恥ずかしくなってきました笑


さいきん帰国が迫っていることもあり、感情が二人ともロミオとジュリエットになっているのかもしれません。


壁がある方がいい、とも言うしね!

と言い聞かせて、がんばります。